選択されているカテゴリは「おすすめ」です

ホテル白樺荘 社長直々のオリジナルブレンドコーヒーが好評

2013年6月13日

kappa_Coffee.jpg

長野県・上高地の「ホテル白樺荘」(鳥居総一郎社長)はこのほど、レストランのメニューを強化、売店は増床リニューアルして買い回りがよくなった。

レストラン小梨は、河童橋に面したセルフサービスのレストラン。本格深煎りコーヒーや手打そば、ジェラートなどこだわりメニューが充実。社長直々の豆の配合で完成した深煎りオリジナルブレンドコーヒーは400円。

ホテル外には「河童の休憩所」とネーミングしたイスとテーブル、パラソルを置いた休憩所を開設。食後や散策のひとときにゆったり河童橋を眺めながら、極上のオリジナルブレンドコーヒーを飲んでみたい。

このほか、館内レストランでの日本酒メニューも充実。とくに特選の純米酒、純米吟醸がおすすめという。

ホテル売店は今春、売場面積を拡大してリニューアル、より買い物がしやすくなった。オリジナルのお菓子や民芸品、アウトドアグッズなど上高地随一の品揃えで、安曇野おひさまコーナーも人気が高い。

問い合わせ=ホテル白樺荘 ☎0263(95)2131。
http://www.shirakabaso.com/
 

黒部ダムカレー、サークルKサンクスで限定発売

2012年10月10日

kurobedamcurry.jpg

長野県・大町市の名物ご当地カレー「黒部ダムカレー」が、今年も長野県内のサークルKサンクスで9月20日から10月17日まで限定販売されている。税込価格498円。

今回の商品特徴は、カレールーをマイルドな辛さにして、子供や辛いものが苦手な人にも美味しく食べてもらえるようにした。

遊覧船「ガルベ」に見立てたトッピング具材は人気のエビフライ。ゆで玉子もカレールーのダム湖に浮かべ、野菜を増量してヘルシーさを高めたという。

茨城県大子町 「おひさま」ロケ地、旧上岡小学校が人気

2011年10月 5日

uwaoka.jpg

茨城県大子町の新しい観光名所として「旧上岡(うわおか)小学校」に注目が集まっている。

旧上岡小学校は、NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」で、主演の井上真央さんが演じるヒロイン・須藤陽子の母校で赴任先でもある有明山国民学校(有明山尋常小学校)として、大子町の旧上岡小学校がロケ地として使用された。

同小学校はこれまでにもたくさんのドラマや映画の舞台で使用され、明治時代に建てられた木造校舎は、古き良き時代の懐かしい雰囲気が今も大切に守られていて人気が高い。

週末になると大勢の観光客が訪れ、大子町の観光名所「袋田の滝」見学と合わせて、町の新しい観光スポットとして力を入れている。

観覧無料で、開放時間は午前9時から午後4時まで。11月末日まで特別開放中で校内も見学できる。毎週月曜休館。

所在地は茨城県大子町大字上岡957―3。常磐自動車道・那珂ICから60分。

問い合わせ=大子町企画観光課 ☎0295(72)1138、大子町観光協会 ☎0295(72)0285。

女将が案内する「湯の郷まるごてら号」 今年は春と秋に運行決定!

2011年3月30日

marugotera.jpg

長野県山ノ内町の湯田中渋温泉郷では、女将がガイドする話題の「湯の郷まるごてら号」を、今年は春と秋の2シーズン運行することとした。運行は日曜・祝日を中心に、春は5月8日から6月26日まで、秋は10月2日から11月27日まで1日1便。

周遊バスには旅館の女将が同乗し、観光スポットを案内する大人気企画。温泉街をはじめ、新緑や紅葉が目にまぶしい里景色、くだもの狩りなど当日になるまでどこヘ向かうかわからない女将任せのミニツアーだ。

バスの愛称である「まるごてら」とは、地元の方言で「まるごと全部」という意味。山ノ内町の知られざる魅力を満喫してもらおうと企画されたもので、運行は今年で5年目となる。

温泉郷を約1時間30分かけてぐるっとひとまわりする。角間温泉、上林温泉地獄谷野猿公苑入口、渋温泉渋湯橋、湯田中温泉大湯前、湯田中駅、穂波温泉栄橋の6カ所で乗客をピックアップし、道の駅北信州やまのうちの停留所で、女将が乗り込み、同バス停を午前10時45分に出発し、女将便がスタートする。約15人の女将が交代でガイド役を務め、毎回コース内容が変わる趣向。

okamisyugou.jpg

運行日は春は5月8・15・22・29日、6月5・12・19・26日、秋は10月2・9・10・16・23・30日、11月3・6・13・20・23・27日。参加料金は大人(中学生以上)500円、小学生以下無料。定員20人。

完全予約制で、運行日前日の午後5時まで、または当日の午前9時―10時の間に予約が必要。

※問い合わせ=湯の郷まるごてら号事務局(山ノ内町観光連盟内)☎0269(33)2138
 

「万治の石仏カレー信州の冬編」発売開始!

2010年11月29日

manjinosekibutsukari.jpg

長野県・下諏訪町の門前ひろば「食祭館」では、今夏から新登場した「万治の石仏カレー」の第2弾商品「信州の冬編」を先ごろ販売開始した。1日20食限定、価格800円(税込)。

万治の石仏カレーは、諏訪大社下社のパワースポット「万治の石仏」をイメージして作られた特製カレーライスで、大きな胴体をごはん、頭部をゆで卵で表現した。じっくり煮込んだ信州ポークカレーをベースに、発売開始時は茄子、かぼちゃ、じゃがいも、アスパラガスなどの夏野菜をトッピングした。

信州の冬編では、カレーとの相性抜群のゆで卵のほか、濃厚パルメザンチーズとあっさり寒天サラダを新たにトッピング。寒さ極まる信州の冬の降り積もる雪に見立て、じっと春を待つ万治の石仏をイメージしたという。

同カレーは食祭館のフロア内にある「お食事処食祭」で食べられる。

※問い合わせ=門前ひろば食祭館 ☎0266(26)4931
http://shokusaikan.net/

manjinosekibutsu.jpg
 

長野県・湯田中渋温泉郷 女将がガイドする周遊バス、今秋も運行

2010年10月15日

marugotera.jpg

長野県・山ノ内町の湯田中温泉郷では、周遊バス「湯の郷まるごてら号」を今秋も10月から運行する。秋の行楽シーズンに合わせた運行で、日曜・祝日を中心に11月末まで1日1便を予定。

周遊バスには旅館の女将が同乗し、観光スポットを案内する人気企画。温泉街や紅葉、りんご狩り、酒造美術館ギャラリー玉村本店など当日になるまでどこヘ向かうかわからない女将任せのミニツアー。

バスの愛称である「まるごてら」とは、地元の方言で「まるごと全部」という意味。地元の秋の魅力を満喫してもらおうと企画されたもので、運行は今年で4年目。

温泉郷を約1時間30分かけてぐるっとひと回りする。角間温泉、上林温泉地獄谷野猿公苑入口、渋温泉渋湯橋、湯田中温泉大湯前、湯田中駅、穂波温泉栄橋、道の駅・北信州やまのうちの7カ所で乗客をピックアップし、道の駅・北信州やまのうちの停留所を午前10時45分に出発し、女将便がスタートする。約20人の女将が交代でガイド役を務め、毎回コース内容が変わる趣向だ。

運行日は10月3日・10日・11日・17日・24日―31日、11月1日―7日・14日・21日・23日・28日。参加料金は大人(中学生以上)300円、小学生以下無料。定員20人。

完全予約制で、運行日前日の午後5時まで、または当日の午前9時―10時の間に予約が必要。

okamisyugo.jpg

※問い合わせ=湯の郷まるごてら号事務局(山ノ内町観光連盟内) ☎0269(33)2138
 

茨城県・大洗町の新名所 「かねふく めんたいパーク」

2010年10月 8日

IMG_7516.jpg

昨年9月、茨城県・大洗町に明太子の老舗「かねふく」直営による明太子のテーマパーク「めんたいパーク」がオープンした。入場無料。

IMG_7522.jpg

展示・資料~工場見学通路は全長約100㍍。明太子製造工場の現場を目の前で見学することができるほか、北海道大学院の桜井教授監修によるスケソウダラの生態や漁の様子に関する展示や資料など見どころも多い。

IMG_7525.jpg

明太子の工場見学ギャラリーと直売店が併設された施設で、工場できたての「辛子明太子」をはじめ、かねふくグループの製品が工場直売されている。鮮度の良いイカと和えた「いか明太」、脂ののった鰯で作った「いわし明太」など、一度は食べてみたい明太子やオリジナル商品が充実。

IMG_7532.jpg

試食コーナーでは、明太子の軍艦巻きや明太サンドイッチなどが試食できるほか、飲み物も無料で提供されている。

IMG_7533.jpg

営業時間は午前9時から午後6時まで。不定休(臨時休館時はホームページで案内)。駐車場は乗用車120台、大型バス8台分の駐車スペースを完備。

※問い合わせ=かねふく めんたいパーク ☎029(219)4101
 

茨城県・国営ひたち海浜公園 真っ赤なコキアが見頃に

kokia_red.jpg

ひたちなか市の国営ひたち海浜公園では、大海原と青空に囲まれた「みはらしの丘」を深紅に染め上げる、3万株のコキアが絶景だ。広大な丘を埋め尽くすフワフワでまるいコキアはなんとも可愛らしい姿をしていて、見ているだけで心が癒される。深まりゆく秋とともに、緑から赤へと変化する様子は、ここだけの印象的な風景といえる。

入園料金は大人(15歳以上)400円、小中学生80円、幼児(6歳未満)無料。開園時間は午前9時30分から午後5時(11月1日~2月末日は午前9時30分から午後4時30分)。月曜休園(祝日の場合は翌火曜日)、10月1日~31日までは毎日開園。

また、9月18日から10月24日までは「きてみてさわってコキアカーニバル」を開催中。10月3日と17日は入園料無料日で開放する(但し駐車料金等は別途必要)。

※問い合わせ=ひたち公園管理センター ☎029(265)9001
 

群馬県・富岡市 ご飯にかけても美味しい七味唐がらし

2010年10月 7日

yoshida_shichimi.jpg

富岡製糸場より徒歩1分の場所に位置する1896(明治29)年創業の「吉田七味店」は、手造りの伝統製法にこだわった七味一筋の七味唐がらし専門店。営業時間は午前9時から午後6時まで。水曜日定休。所在地は富岡市富岡1071-5。

吉田七味店の七味とうがらしは「とうがらし、胡麻、麻の実、山椒、陳皮(ミカンの皮)、しそ、青のり」の7種類の素材が組み合わさり、独特の風味を出すが「組み合わせる配合比率や仕上げるまでの手のかけ方の差で味はまったく違ってくる。当店と同じ味は絶対に作れません」と、店主の吉田始さんは語る。

辛さは「中辛」と「大辛」の2種類。胡麻が多めの配分比率のため、とても香ばしく、ただ辛いだけの七味唐がらしとはまったく次元が違う。蕎麦やうどんはもちろん、味噌汁や漬け物、ふりかけのように温かいご飯の上にかけて食べても抜群に美味しい。

七味唐がらしは袋入り・缶入りで発売中。原則として店頭販売しか行わないが、なかには「知人から頂戴して、とても美味しかったのでどうしても購入したい。送料がかかっても構わないので電話注文で販売して欲しい」という遠距離客からの問い合わせが多くなったという。

※問い合わせ=☎0274(62)4088
 

伊香保温泉 河鹿橋紅葉ライトアップ

2010年10月 5日

kajikabashi.jpg

榛名山の東麓に位置する、群馬県伊香保温泉。その湯元「河鹿橋」付近は、毎年この時期になると、もみじ、かえで、くぬぎ、うるしなどが一斉に色づき、ライトアップで演出され、素晴らしい景観となる。

2001年から始まったライトアップも今年で10年目。温泉街でも人気の企画イベントに成長した。

今秋の紅葉ライトアップ実施期間は、10月19日から11月23日の予定。点灯時間は連日午後4時30分から午後10時30分まで(予定)。天候等の都合で予告なく中止になる場合もある。

※問い合わせ=伊香保温泉観光協会 ☎0279(72)3151
 

やまなし館(東京・八重洲)で清里の「ソフトクリーム」を

2010年9月 2日

yamanashikan.jpg

JR東京駅八重州北口から徒歩4分のところにある山梨県のアンテナショップ「富士の国やまなし館」は、8月末から生乳100%を使ったミルク味たっぷりの「ソフトクリーム」の販売を始めました。

県下でも人気の「清里ミルクプラント」が自信をもってすすめる逸品。甘さ控えめですっきりとした後味が特徴です。脱脂粉乳やミックスパウダーを一切使わない、本物のおいしさを一度試してみては!価格は350円です。

特産品を買いに行ったついでに、観光パンフレットをもらいに行った帰りにどうぞ。

■富士の国 やまなし館
www.yamanashi-kankou.jp/tokyo/index.html

長野県駒ヶ根市 足湯茶屋「東右衛門」 団体客向け新メニューが好評

2010年3月25日

taketori.jpg

長野県駒ヶ根市の早太郎温泉郷にある「山野草の宿二人静」直営の足湯茶屋「東右衛門(とうえもん)」の、団体客向け新メニュー「信州竹取御膳」が好評だ。

信州竹取御膳は、駒ヶ根名物ソースかつ重と、こだわりの信州蕎麦がセットでボリューム満点。南信州豚を使い、まろやかな秘伝のソースで仕上げたかつ重に、国内産の厳選そば粉で打った冷蕎麦のほかに、小鉢または酢の物、オリジナルデザート、味噌汁、漬物。価格2100円。

新メニュー開発に余念がなく、第2の名物にと丹精込めて栽培している地元産無農薬の黒胡麻を使用した「ごま豆腐」も人気という。450円。

tohuemon_gaikan.jpg

tohuemon_okunai.jpg

足湯茶屋は長谷村から茅葺屋根の古民家を移築したレストランで、日本の原風景をイメージした外観が特徴。和モダンな店内にはガレ風の照明やアジアンテイストの家具が配され、店外には誰でも利用できる足湯も完備している。営業時間は午前11時30分から午後2時まで。年中無休。

ashiyu.jpg

※問い合わせ=☎0265(81)8011、http://www.futarishizuka.com/
 

水澤亭の新メニュー「コラーゲンつるぷる御膳」登場!

2010年1月15日

新メニュー_つるぷる御膳.jpg

群馬県渋川市の水澤観世音山門下にある「水澤亭」(菊池芳子社長)は伊香保温泉からも近い、上州名物水沢うどんの専門店。店内は売店のほか、大人数が収容できる食事処も完備している。

この冬から登場した新メニュー「コラーゲンつるぷる御膳」は、同社自慢のコラーゲン入りうどん「絹のささやき」をコラーゲンたっぷりの具材のスープで食べる温かいうどんセット。サラダ、デザート、コーヒー付きで1680円。

12月1日から新メニューお披露目の宣伝記念として一般客向けに先行販売を始めたが、旅行会社向けには1月から売り出した。「新登場のコラーゲンつるぷる御膳はコラーゲンが入ったこだわりのうどんを使用し、女性にうれしい新メニューなので楽しい旅の行き帰りに当館へお立ち寄りいただき、ぜひお試し下さい」と菊池社長。

コラーゲン入りうどん「絹のささやき」は店内で食べるだけでなく、贈答用に箱入りギフトとしても販売している。

営業時間は午前9時から午後5時(食事は午前10時30分から午後3時30分)まで。大型バス12台・乗用車60台分の大駐車場を完備。

※問い合わせ=水澤亭 ☎0279(72)5111
 

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Powered by
Movable Type 5.04