選択されているカテゴリは「観光物産展」です

栃木県 食の魅力をまるごとPR

2012年10月11日

tochigi02.jpg

栃木県(福田富一知事)は9月28日、ホテルメトロポリタンエドモント(東京都千代田区)で、「第2回『とちぎのいいもの』まるごと商談会」を開いた。会場には、県産の農産物や加工食品の事業者ブースが並び、訪れた百貨店やスーパーなど実需者らと商談を行った。

県東京事務所内に「とちぎのいいもの販売推進本部」を、東京スカイツリータウン内にアンテナショップ「とちまるショップ」を立ち上げた栃木県。当日は、福田知事も会場に駆け付け、「2つの拠点を軸に、県外に向けた栃木の食の魅力の発信をさらに強化していきたい」と意気込みを語った。

また、夏から秋にかけて収穫される"なつおとめ"や、とちおとめの後継として期待され、今年12月に試験販売を行う新品種"スカイベリー"にもふれ、「収穫量日本一の『いちご県』が誇るいちごを、ぜひ皆様に食べていただきたい」とアピールした。スカイベリーの本格出荷は2014年末頃ごろを見込む。

tochigi01.jpg

会場には、とちぎ和牛のステーキや、ヤシオマスのムニエル、宇都宮餃子など、栃木が誇る食材を使った料理も並び、首都圏消費者に向けて県食材をアピールした。