選択されているカテゴリは「リニューアル」です

上高地清水屋ホテル「プレミアムシアターツインルーム」がオープン

2013年6月 7日

premium_twin_theatre.jpg

上高地清水屋ホテルは4月27日の上高地開山祭に合わせ、4月26日から2013年度シーズンの営業を開始し、絶景の客室「プレミアムシアターツインルーム」3室をリニューアルオープンした。

梓川の渓流沿いに建つ同館は、目の前に日本アルプスを望める絶景のリゾートホテル。この素晴らしい立地を活かすべく、「プレミアムシアターツインルーム」は壁一面、横幅5㍍を超える窓にリニューアルし、映画のスクリーンのようなパノラマビューが広がる上高地随一の開放感あふれる絶景の客室に生まれ変わった。窓際に配したロングソファーで寛ぎながら、時が経つのも忘れて移ろう景色が独占できる。

夕食はオープンキッチンで創られる本格フレンチで、清流育ちの川魚、山菜、茸、高原野菜など地元や近隣の旬の食材を積極的に取り入れたリゾート地にふさわしい上高地フレンチが、常時100種類以上揃えている信州産や世界各地の美味しいワインと共に楽しめる。

上高地では2施設しかない天然温泉の大浴場は、地下150㍍から湧き出た自家源泉を贅沢に加水も加温もせず、湧き上がった状態のまま100%源泉かけ流しで使用。豊富な湯量に恵まれ、露天風呂や大浴場はもちろん、各部屋の風呂もすべて天然温泉が利用されている。

上高地清水屋ホテルの総客室数38部屋の内訳はツイン18室、トリプル8室、和室4室、展望風呂付き客室5室、プレミアムシアターツイン3室になった。

問い合わせ=上高地清水屋ホテル ☎0263(95)2121。
http://www.kamikochi-shimizuya.com/

長野県「蓼科グランドホテル滝の湯」4月21日リニューアルオープン

2012年6月 4日


05蓼科グランドホテル滝の湯スイートタイプ和洋室.jpg

長野県茅野市蓼科温泉郷の「蓼科グランドホテル滝の湯」は、4月21日にリニューアルオープンした。今回の改装工事はロビー、庭園大浴場、レストランと客室の一部を改装し、庭園大浴場内に露天風呂を新設した。

ロビーは間接照明を施した「光の壁」と暖炉を新設。天井には御柱祭の御柱をモチーフにした照明を配置し、モダンなデザインの中にも伝統や格式を表現した。

滝を目の前に望む庭園大浴場には露天風呂「深山の湯」を新設し、湯滝のせせらぎ、森の香りを感じることができるようにした。寝湯、ミストサウナ、漆塗りのかけ湯も増設した。

客室は2部屋をスイートタイプの和洋室(63平方㍍)に刷新。客室インテリアの一部には諏訪郡富士見町のアーティスト、篠原隆氏のアートワークを起用した。

蓼科グランドホテル滝の湯バイキングレストラン.jpg

食事メイン会場は320席のバイキングレストラン「Seeds(シーズ)」として生まれ変わった。中央の石づくりのタワーに石釜を備え、信州みそを使用した焼きたてのピザやパンを提供する。長野県南佐久郡川上村産の高原野菜を中心に15種類の野菜と12種類のドレッシングを用意。信州オリジナル食材「信州地鶏」「信州サーモン」など地元の特産品を生かした70種類以上のメニューをオープンキッチン形式で提供する。

問い合わせ=蓼科グランドホテル滝の湯 ☎0266-67-2525、http://www.takinoyu.co.jp/

長野県松本市「上高地清水屋ホテル」リニューアルオープン!


新客室_清水屋.jpg

長野県松本市の「上高地清水屋ホテル」が4月26日にリニューアルオープンした。本年度の上高地のオープンに合わせて、天然温泉の大浴場とロビーラウンジを大きく改装したほか、温泉展望風呂付きの客室を5部屋新設した。

天然温泉の大浴場は、地下150㍍から湧き出た自家源泉を贅沢に加水も加温もせず、湧き上がった状態のまま100%源泉かけ流しで使用。豊富な湯量に恵まれ、露天風呂や大浴場はもちろん、各部屋の風呂もすべて天然温泉が利用されている。

大浴場.jpg


スパリビング.jpg


1Fロビー.jpg

今回のリニューアルでは、手狭だった内湯の大浴場を今までの約2倍の大きさに拡大し、湯上りにマッサージチェアー等を備えたリラックススペースとしてゆっくりと寛げるSPAリビングを増設した。ロビーラウンジは、暖炉やライブラリーがある寛ぎのある落ち着いた空間へと生まれ変わった。

一方、これまで和室仕様だった客室を明るく開放感あふれるハリウッドツインの洋室へと改装した。窓側に風呂を配し、温泉に入浴しながら窓から梓川や霞沢岳が一望できる展望風呂付きの客室になった。また一般客室も寝具等を一新し、清潔感を向上し、スタイリッシュな空間に生まれ変わった。

上高地清水屋ホテルの客室数(全38部屋)の内訳は洋室が28部屋から33部屋に増え、和室が10部屋から5部屋になった。

問い合わせ=上高地清水屋ホテル ☎0263(95)2121、http://www.kamikochi-shimizuya.com/

長野県早太郎温泉「山野草の宿二人静」今春リニューアル!

 
20120419_003.jpg

長野県駒ヶ根市の早太郎温泉「山野草の宿二人静」が今年4月10日にリニューアルオープンした。

今回のリニューアルは個人客や高齢層客をターゲットに、リピート客の増加を目指した。今までトリプルとして利用していた洋室(10部屋)をツインとし、従来のユニットバスを浴室とレストルームに分け、それぞれに手すりを設置。部屋の段差を極力なくしたバリアフリー客室に改装した。ベッドは床から布団上面まで高さ45㌢と従来の規格品より低くし、楽に乗り降りできるよう改良を加えた。

20120419_002.jpg

またロビー・エントランスにある段差を解消し1階レストラン及び4・5階共用廊下の表層についても一体感をもつよう改修した。1階喫茶室は車イスで移動しやすいように改修し備品も配置した。

同館の小原明麿社長は「今までバリアフリールームというと実用性重視の面が強くデザイン性は二の次だった。今回の旅館設計では最先端の設計士と協力することで、たとえ健常者が利用しても旅情を損なわない客室のデザインを考えた。年齢を重ねて体が不自由になったとしても、設備を気にすることなく旅情に浸り心から寛げる空間の提供こそ、これからの旅館に求められるものと考えた」と語っている。

問い合わせ=山野草の宿二人静 ☎0265-81-8181 http://www.futarishizuka.com/

ホテル翔峰 個室食事処「食彩上高地」リニューアルオープン!

2011年10月 6日

iriguchi.jpg

長野県松本市の美ヶ原温泉「ホテル翔峰」は8月7日、個室食事処「食彩~上高地~」をリニューアルオープンした。

4ninseki.jpg


_MG_6601-Edit.jpg

食彩上高地は、信州ブランド食材を出来立てで提供する、プライベート空間を重視した個室タイプの食事処。木目を活かした落ち着いた個室は、椅子テーブルのグループ席から2人席、4人席のほか、掘りごたつ席まで揃えた。

_MG_6518.jpg

料理は特別会席を用意。信州産の食材をふんだんに使用し、オープンキッチンから出来立ての料理が運ばれる。手打ちそばは会場内の特設コーナーでそば打ちの実演を行い、打ち立ての手打ちそばを提供する。岩魚の姿揚げは会場内オープンキッチンより揚げたてを用意。サクサクした食感で頭から尻尾まで丸ごと食べられる。

IMG_5063.jpg

メイン料理は信州を代表するブランド食材「信州牛」をしゃぶしゃぶ、または石焼ステーキから選択できる。りんごを食べて育った信州和牛は、霜降り肉の美しさ、柔らかさ、風味豊かな美味しさが特徴。肉料理が食べられない人は「大岩魚」または「真鯛」のしゃぶしゃぶが用意される。

調理長厳選の創作和食料理が楽しめる1泊2食付きの宿泊「贅沢食彩プラン」は、夕食は食彩上高地で特別会席、朝食はレストランで豊富な約40種類の和洋バイキングが食べられる。大人2名利用時2万1千円から。

また日帰り昼食プラン「贅沢信州牛ランチ(2名から、要予約)」は1人4980円(税込・入湯税別)。利用時間は午前11時から午後3時で、日帰り温泉入浴も付く(タオルもセット)。

問い合わせ=ホテル翔峰 0263(38)7711。
http://www.hotel-shoho.jp/

山梨県石和温泉 ホテルふじ バイキング会場をリニューアル

2011年10月 5日

01dining_Hestia.jpg

バイキングを中心としたプランや富士を眺める最上階の展望風呂、ゆったりとした大浴場、プールなどの併設が特徴の山梨県石和温泉にある「ホテルふじ」。今夏8月10日にはバイキング会場を大幅にリニューアルし、料理メニューも内容を一新。会場名をダイニング「ヘスチア」として新たに生まれ変わった。

今回リニューアルしたバイキング会場は1階「富士の間」。座席数は230席で、旧バイキング会場と比べて40席分増えた。

IMG_0510.jpg

会場入口にドリンク&バーカウンターを新設し、山梨県産ワインなどアルコール類の品ぞろえを充実させた。客からリクエストが多かった生ビールサーバーの台数も増設した。

IMG_0511.jpg

また会場最奥にあった倉庫部分を撤去し、バイキング会場のスペースを拡大した。増床した部分の中央には360度見わたせる円形のオープンキッチンや寿司コーナーなどを新設。食事客の導線を改良したほか、料理を見せる照明も入れ替え、目で楽しめる演出効果を狙った。

バイキング料理のメニューも一新し、これまで以上に内容を充実させ、旬な食材や地産地消にこだわった、和洋中季節の創作バイキングを約60種提供する。

今年の夏休み期間(9月14日まで)は「トロピカルディナーバイキング&東北の味覚フェア」を実施し、洋食は夏らしい世界のリゾートブッフェを、和食は東北支援として「東北うめえもん対決コーナー」を設け、東北6県の郷土料理【青森県・マタギ飯、岩手県・のっぺい汁、秋田県・焼ききりたんぽ(味噌)、山形県・ざる豆腐&だし、宮城県・ずんだもち、福島県・喜多方ラーメン】を提供した。期間中はオリジナルワインが抽選で当たる人気投票も行われ、たいへん好評だったという。

9月15日からは秋のバイキング「山梨の味覚とヨーロッパフェア」を開催中。12月初旬まで。山梨はワインの生産量が全国1位なので、山梨の秋の味覚とワインによく合うヨーロッパ各国の料理を取りそろえた。次回12月初旬からは恒例のクリスマスディナーバイキングを予定している。

01cafe_bar_Helios.jpg

一方、リゾート感あふれるロビーラウンジのカフェ&バー「ヘリオス」では、シャンソンやピアノなどのライブを開催している。

3年前にホテルをリゾート風にリニューアルして以来、この雰囲気を生かして始めたのが、シャンソン・カンツォーネなどプロミュージシャンによるライブ演奏。週に1回土曜日を中心に開催しているが、実に多彩なプランが用意されている。大きな窓ガラスの向こうには庭園プールがライトアップされ、演奏会場となるカフェ&バー「ヘリオス」を華やかに彩る。

ライブは毎回ともカップルや女性客を中心に、温泉地に佇むリゾート感覚の癒しのひと時として人気を呼んでいる。

出演者はクラシック、ジャズ、シャンソンなどと、多彩なジャンルを誇る。海外公演などで高い評価を得る実力派ピアニストもいる。聴衆を飽きさせないでアドリブを利かせた、心に響き渡る音楽が楽しめる。

問い合わせ=ホテルふじ ☎055(262)4524。
http://www.hotel-fuji.jp/

山梨県河口湖 富士レークホテル リニューアルオープン

_MG_2967.jpg

河口湖畔の富士レークホテル(井出泰済社長)は、7月15日に新トリートメントサロン「天空」を新規オープン、本館最上階スカイホールに「絶景朝食ビュッフェ」をリニューアルオープンした。

西館7階にオープンした富士を望むトリートメントサロン「天空」は、1組限定(2名様まで)のプライベートサロンで極上のトリートメントが受けられる。中国医学をベースにしたアロマテラピートリートメントやリフレクソロジーなどで日頃のストレスや疲れを癒してもらえる。メニューは「フェイシャル・リフレクソロジー」(70分9450円~)、東洋伝統療法の手技SUINAをベースにしたサロンオリジナルのオイルトリートメント「SUINAアロマテラピー」(90分1万2600円~)など。女性客だけでなく男性も利用可。

_MG_3108.jpg

車椅子の人とその付き添いの家族が一緒にトリートメントを受けることもでき「日頃は介護疲れしている人も一緒に癒せるレスパイトケアをめざしました」と井出社長。

サロン内は段差のないバリアフリー仕様のため、施術やトイレも車椅子のまま利用できる。

_MG_3176.jpg

一方、河口湖と富士山を一望できる「絶景朝食ビュッフェ」は、フードコンサルタントの意見を取り入れ、朝食メニューを一新。無農薬や有機栽培など地元野菜にこだわり、徹底的に健康志向をめざした。冷やしほうとうなどオリジナルメニューの開発にも努めた。夏休み期間中は子ども向けにブルーベリーソースなどで絵が描けるパンケーキを提供し、たいへん好評だったという。

_MG_3146.jpg

井出社長は「新しくなった絶景ビュッフェで朝食を食べて元気になってお帰りいただきたい。お寛ぎにぜひお越しください」とアピールした。

問い合わせ=富士レークホテル ☎0555(72)2209。
http://www.fujilake.co.jp/

日光カステラ本舗本店 9月15日リニューアルオープン!

2011年9月29日

kasutera_gaikan.jpg
ガラス張りの開放的な店舗

栃木県小山市の磐梯グループは9月15日、日本ロマンチック街道沿いに「日光カステラ本舗本店」をオープンした。これまでの菓子処「華乃家」を新築・新装し、人気の金箔入りカステラや日光羊羹、葵最中のほか、ジャムやチーズケーキなど洋菓子を取りそろえる店舗へとリニューアルした。

ガラス張りの開放感あふれる店内は、バリアフリー対応の設計。買い物の合い間には、日光の自然を眺めながらコーヒーのサービスでくつろげる休憩スペースも設けた。

おすすめは新商品の「カステラ屋さんのチーズケーキ」(1260円)。日光の自然素材にこだわったチーズケーキに、チョコレート生地を挟んだ自慢の一品だ。

kasutera_tennai.jpg
しっとりとした甘さを抑えた職人仕上げのこだわりカステラ。試食も可。

カステラ商品も、定番の「金箔入り日光カステラ」(大1680円、小940円など)や、厳選素材で焼き上げた「特選カステラ」(1本2520円)などバラエティ豊かに取りそろえる。

ほかにも「とちおとめ」を贅沢に使用し、いちご本来の甘さが楽しめる「手づくりいちごジャム」(530円から)をはじめ、自社農園の果物をふんだんに使ったジャムや、東照宮の眠りねこをあしらった箱がユニークな「ねこバウム」(1050円)など、日光の新しいお土産に最適な商品が並ぶ。

店長の小黒弘征常務は、「自然に囲まれた落ち着いた店内で、ゆっくりと買い物を楽しんでいただきたい。12-5月には農園のいちごを使った『金箔入り日光カステラいちご味』も店頭に並ぶ予定なので、そちらもぜひ味わっていただければ」とアピールする。

営業時間は午前9時から午後6時まで(12月から3月は午後5時まで)。年中無休(臨時休業あり)。駐車場普通車20台収容。

問い合わせ=日光カステラ本舗本店 ☎0288(53)6171。
http://honten.nikko-castella.jp/

ホテル木曽路 「縁覚の湯」 2月リニューアルオープン!

2011年2月25日

hotel_kisoji.jpg

長野県・南木曽温泉の木曽路リゾート「ホテル木曽路」は、露天と内湯、脱衣所を仕切る壁がない、大迫力の大浴場「縁覚(えんかく)の湯」の改装工事を終え、2月1日にリニューアルオープンした。

縁覚の湯は、天然温泉美肌の湯と長野県名産の木曽檜を無垢のまま使用した贅沢な温泉風呂。今回の改装工事では、木曽檜の大浴槽を全面リニューアルしたほか、浴室の天井部分など黒を基調とした落ち着いたシックな色合いに変更している。

男女入れ替え制の150㌧の巨大石(御影石)をくり抜いた大迫力の内湯「満天の湯」も同時リニューアルし、より快適に生まれ変わった。

南木曽温泉は木曽路リゾートの広大な敷地のなかに2本の源泉を所有。成分は単純アルカリ泉で人体にやさしいまろやかな温泉。ホテル木曽路と「そば道場木曽路館」の2つの温泉施設と、ホテル木曽路内の地ビールレストラン「バーリーハウス」では飲泉も可能だ。

※問い合わせ=ホテル木曽路 ☎0264(58)1126、 http://www.hotelkisoji.jp/
 

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Powered by
Movable Type 5.04