選択されているカテゴリは「全国旅館おかみの集い」です

安倍首相を表敬訪問、"女将はおもてなしの代表選手"

2015年7月27日


 
1594_02.jpg

 「第26回全国女将サミット2015石川」の開催を前に7月9日、吉本加代子運営委員長をはじめ、6人の女将が安倍晋三内閣総理大臣を表敬訪問した=写真。安倍首相は「旅館の女将は日本ならではのおもてなしの代表選手」と歓迎した。

 吉本運営委員長は「26回を数える女将サミットで、今年は初の北陸開催です。新幹線もでき、非常に近くなったので金沢にぜひ」とあいさつ。2年前に女将サミットに出席した昭恵婦人へのお礼なども伝えた。

 安倍首相は観光立国を目指すなかで、昨年、訪日外国人観光客が急増したことに触れ「今年は1700―1800万人を超える勢い。国内の観光客に加え、海外からのお客様も女将パワーで日本の文化とおもてなしで迎えながら、地域創生のために活躍してほしい」と激励した。

 また、サービス産業の生産性向上に国としても力を入れていることなどを報告。「まさに女将の皆様にリーダーシップを発揮していただきたい」と期待した。


2015年7月21日発刊
旬刊旅行新聞1594号より(URL:http://www.ryoko-net.co.jp/

女将サミット2015 北陸で初開催

2015年7月22日


 
1594_01.jpg

 「全国旅館おかみの集い」運営委員会と旅行新聞新社は7月14日、石川県金沢市のホテル日航金沢で「全国旅館おかみの集い―第26回全国女将サミット2015石川」を開いた。北陸では初開催となった今回は、全国から約120人の女将が集まった。

 吉本加代子運営委員長(お花見久兵衛)は、「私たち女将の仕事は、人と会うことから始まる。そのようななかから今年のテーマを"人"とし、人とのつながりや出会い、何を求めて旅をするのかなどを一緒に考えたい」とし、「北陸新幹線開通でにぎわう金沢で思い出に残るひとときと、心つながる仲間を見つけてほしい」とあいさつした。

 夕方から開いた懇親パーティーは、西村明宏国土交通副大臣をはじめ、多くの来賓を含む約270人が参加した。


2015年7月21日発刊
旬刊旅行新聞1594号より(URL:http://www.ryoko-net.co.jp/

第26回女将サミット、7月14日、ホテル日航金沢で

2015年3月23日


 
 全国旅館おかみの集い運営委員会(吉本加代子運営委員長=山中温泉・お花見久兵衛女将)はこのほど、第26回全国旅館おかみの集い(全国女将サミット2015石川)を7月14日、石川県金沢市のホテル日航金沢で開くことを決めた。

 北陸での開催は初めて。会議の席上、吉本委員長は「人のつながりの大切さを実感できる会を目指したい」とあいさつ。北陸の文化や伝統を取り入れたプログラム、懇親パーティーの演出について意見を交わした。

 今後の委員会で開催テーマやプログラムを決め、5月下旬(予定)に全国の女将あてに参加案内を発送する。

2015年3月21日発刊
旬刊旅行新聞1580号より(URL:http://www.ryoko-net.co.jp/

実行委員会が安倍首相訪問

2014年10月 2日


1560_08.jpg

 第25回全国旅館おかみの集い実行委員会は大会当日、25回記念大会を迎えるにあたり、佐藤潤委員(伝承千年の宿 佐勘会長)、小田真弓委員(加賀屋女将)、佐藤洋詩恵委員(日本の宿古窯副社長)、野澤奈央委員(ホテル小柳専務)と、旅行新聞新社の石井貞徳社長が、安倍晋三内閣総理大臣を表敬訪問した。

 安倍首相は「政府をあげて、女性の力で日本を元気にできるよう推進している。女将の皆様の力でぜひ地方を元気にしてもらいたい」と期待を語った。「今観光に力を入れており、13年に訪日客数1千万人を達成し、今年はさらに1千万人を大きく超えようとしている。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、これから多くの外国人観光客が日本を訪れると思うが、東京だけでなくぜひ日本各地に行って楽しんでもらいたいので、女将さんたちのおもてなしに期待しています」と女将たちを激励した。

 小田委員は「おかみの集い」について説明。昨年の福島大会に特別ゲストとして出席された昭恵夫人に対するお礼も伝えた。さらに「女将は女性が活躍できる仕事。お客様に満足いただくため、日々精進したい」と女将の心を語った。佐藤委員は「旅行新聞の尽力により25年続いてきたが、今年初めて国土交通省と観光庁の後援をいただき、大変うれしい」と喜びを伝えた。

 訪問の最後には、安倍首相に促され、それぞれの女将との写真撮影も行われた。

2014年10月1日発刊
旬刊旅行新聞1560号より(URL:http://www.ryoko-net.co.jp/

全国から140人の女将集う、25周年の記念大会開く(全国女将サミット)

2014年9月22日


1558_01.jpg

 「全国旅館おかみの集い」実行委員会(プラチナ会・全国旅館ホテル若女将会「つぼみ」)と旅行新聞新社は9月16日、東京都港区の明治記念館で「全国旅館おかみの集い―第25回全国女将サミット2014東京―」を開いた。25周年の記念大会となった今回は、全国から約140人の女将が集まった。
(次号詳細)

 佐藤幸子実行委員長(日本の宿古窯)はこの25年を振り返り、「さまざまな悲しいことや苦しいことがあったが、足元を見ると、地域や旅館のなかには宝がたくさんある。観光旅館・ホテルの女将として、我われはこれを後継者に伝えていかなければならない」とし、「この会も若い方の力を注いでいただき、2代目3代目とますます大きくなることを願っている」とあいさつした。

 夕方から開いた懇親パーティーは、小渕優子経済産業大臣、西村明宏国土交通副大臣をはじめ、多くの来賓を含む約280人が参加した。


2014年9月21日発刊
旬刊旅行新聞1558号より(URL:http://www.ryoko-net.co.jp/

全国旅館おかみの集い、9月16日、明治記念館で開く(25回記念大会)

2014年8月19日


1553_04_02.jpg

1553_04_01.jpg

 「全国旅館おかみの集い―第25回全国女将サミット2014東京―」が9月16日、東京都港区元赤坂の明治記念館で開かれる。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け訪日外国人観光客増加への期待が高まるなか、今年は25回の記念大会として、美しい日本庭園や趣のある建物で開く1日を映像としても記録し、さまざまなメディアを通じて情報発信していく。

 主催は全国旅館おかみの集い実行委員会(佐藤幸子実行委員長)と旅行新聞新社(石井貞徳社長)。後援は読売新聞東京本社(予定)、日本酒造組合中央会の協力も予定している。

 今回は25回目を迎え、節目の記念大会のため、これまでの大会で委員長や役員を経験した女将たちの「プラチナ会」と、本会をきっかけに交流が始まった女将・若女将たちの会「つぼみ」(塚越左知子会長)が協力して、今大会を運営する。テーマは「happiness~ハピネス~気づくこと、伝えること、認めること―すべてはあなたのなかにある―」。

 9月16日当日のスケジュールは、午前11時に受付開始。午後零時30分から開会あいさつ、記念品贈呈などのあと、1時15分から基調講演「幸せに生きる力(コツ)~仕事も、家庭も、あなたも、みるみる良くなる極意、教えます。~」を行う。講師は、アチーブメント取締役CTO(チーフトレーニングオフィサー)、日本プロスピーカー協会(JPSA)専務理事などを務める佐藤英郎(さとう・えいろう)氏。

 2時30分からは、日本庭園で全員参加の記念撮影、企業展示の見学などを予定している。

 3時から5時30分まで4会場に分かれて分科会を開く。各分科会のテーマとコーディネーターは、「美と健康~アンチエイジングからナチュラルエイジング」(フリーダムネットワーク社代表取締役・原田あつこ氏)、「自信のつくり方~あなたを変える魔法の言葉~」(GROWTH健康づくり協会代表/薬学博士・竹内久米司氏)、「チームワーク~個の強みを活かし、圧倒的な成果を生み出す~」(CLAIR代表取締役社長・金井美津帆氏)、「人間関係~円滑なコミュニケーションが利益を生む~」(津気屋代表取締役社長・榎本和人氏)。

 午後6時からは立食スタイルの懇親パーティーを開く。

 定員は200人、参加費は1人2万円(税込)。なお、初めての参加者には「はじめて割」として参加費を3千円割り引く。

 大会会場に宿泊施設がないため、ホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町)の宿泊を特別価格で用意している。懇親パーティー終了後に送迎バスを運行する。

 佐藤幸子実行委員長は「心を込めて旅のお手伝いをする女将はコンシェルジュ。世界のホテルにはマネージャーがいますが、女将は日本のこころ、独特の役割を果たしていると自負しています。世界に類をみない日本旅館の女将の集いに、ぜひ参加を」と呼び掛けている。

1553_04_03.jpg

 参加申込み・問い合わせ=「全国旅館おかみの集い」実行委員会事務局(旅行新聞新社内) 電話:03(3834)2718。


2014年8月1日発刊
旬刊旅行新聞1553号より(URL:http://www.ryoko-net.co.jp/

第22回「おかみの集い」、グランドハイアット福岡で6月28日開催

2011年1月25日

grandhyatt.jpg

おかみの集い運営委員会(有村政代運営委員長)はこのほど、6月28日に開く第22回「全国旅館おかみの集い」の会場を「グランドハイアット福岡」(福岡市)に決めた。

世界各地に展開するハイアットブランドの1つで、国内は福岡と東京の2店舗のみ。複合商業施設「キャナルシティ博多」内の立地が特徴で、初めての地方開催だけに「福岡の滞在を楽しんでもらえる施設を」と選んだ。

uid000001_20110221171441de7764f4.gif

⇒ 昨年7月に開催した女将サミットの集合写真