選択されているカテゴリは「新規オープン」です

群馬県・富岡市に「お富ちゃん家(ち)」5月31日グランドオープン!

2013年6月 7日

otomichan01.jpg

群馬県富岡市では、旧まちかど遊YOUプラザ(富岡1151-1)をリニューアルし、今年4月1日から観光案内業務を先行スタートした「富岡市まちなか観光物産館(愛称=お富ちゃん家(ち)」が、5月31日から物産展示販売を開始し、正式にグランドオープンした。富岡市に新しい観光拠点が誕生した。

館内では観光案内に加えて、地元の物産品をはじめ、お富ちゃんグッズやシルク製品などが数多く揃えられた。観光の土産選びのほか、休憩スペースも設けられているので、気軽に立ち寄りたい。富岡製糸場からは徒歩約8分という好立地だ。

otomichan02.jpg

開館時間は観光案内所が午前9時から午後5時まで、物産展示販売が午前10時から午後4時30分まで。

問い合わせ=富岡市世界遺産まちづくり部観光課 ☎0274(62)1511。

群馬県・旅館たにがわに「太宰治ミニギャラリー」がオープン!

2011年2月 3日

IMG_0763.jpg

群馬県みなかみ町の谷川温泉「旅館たにがわ」は、創立30周年を記念して、本館内に太宰治ゆかりの貴重な品々の展示と寛ぎのスペースを兼ね備えた「太宰治ミニギャラリー」を2010年12月25日にオープンした。

IMG_0772.jpg

ミニギャラリーのコンセプトは「太宰と過ごすくつろぎの時空間」。本館3階の2部屋を改造し、ミニギャラリーを開設した。手前にはソファーでゆっくり過ごせるお休みサロンも併設。太宰が使用していた定期券などの貴重な品々や数種の初版本に囲まれ、太宰の作品集や関連する評論などが自由に閲覧できる。同館の久保容子女将は「飲み物を片手にゆったりと太宰治に思いをはせながら、くつろぎのひとときを過ごしていただければ」と語る。

IMG_0784.jpg

太宰治は、1936(昭和11)年にパピナール中毒の転地治療を川端康成に勧められて同館の前身「川久保屋」(=現在の旅館たにがわの駐車場)に1カ月近く滞在し、その滞在中に小説「人間失格」を書くきっかけとなった「創世記」を執筆した。名作「姨捨(おばすて)」では、川久保屋の老夫婦と水上温泉郷が描かれている。

同館では、これまで太宰治研究家の長篠康一郎氏などを迎えて太宰治を偲ぶイベントなどを実施しており、今後も太宰治に関連する多彩な取り組みを継続的に行っていきたい考えという。

※問い合わせ=☎0278(72)2468、 http://www.ryokan-tanigawa.com/
 

鬼怒川温泉あさや 貸切温泉風呂グランドオープン!

2011年1月25日

asaya_kakuregasa.jpg
あさや貸切温泉風呂 「隠笠(かくれがさ)」

栃木県鬼怒川温泉の「あさや」(木藤一男社長)に、待望の貸切温泉風呂「福満宝尽くし 吉祥 打ち出の小槌の湯」が昨年12月30日、グランドオープンした。宝尽くしとは、吉祥・招福を願う気持ちが形になった日本の伝統的な文様のことをいう。

新設された貸切温泉風呂は、秀峰館2階の「岩盤浴&貸切風呂受付カウンター」で受付をして、連絡通路を渡って別棟に移動する。バリアフリーなのでエレベーターを使って車椅子のまま移動も可能だ。

振れば願い事が叶うといわれる「打ち出の小槌」をテーマに、浴槽タイプが異なる全4室を、それぞれ「宝珠(ほうじゅ)=黒御影石の浴槽」、「宝鍵(ほうやく)=岩造りの浴槽」、「丁子(ちょうじ)=檜造りの浴槽」、「隠笠(かくれがさ)=赤御影石の浴槽」と命名した。全室かけ流しで、各浴槽の湯口には「打ち出の小槌」が置かれている。

営業時間は正午から午後11時まで。利用料金は専用タオル付きで50分4千円(税込)、1室定員6人まで。日帰り客も利用できるが、その場合は別途日帰り入浴料金が必要となる。

IMG_8719.jpg
あさや 八木澤美和女将

同館の八木澤美和女将は、「おかげさまで12月30日に、無事グランドオープンできました。たいへん好評で年末年始にも多くのお客様にご利用いただきました。以前から貸切風呂のご要望は多く、ようやくお客様の声にお応えできました。とても広々とした浴槽なので、カップルだけでなく小グループの家族客にもおすすめです」と話す。

さらに、「日本文化の伝承も考慮し、エントランスの壁面には大谷石、各室の洗面台には益子焼の陶器を使用するなど、栃木県産の地元材にこだわりました。それぞれの浴室に宝尽くしの意味をもたせましたので、あさやで福を授かってお帰りいただきたいとの願いが込められています」と笑顔でアピールした。

asaya_kintsuba.jpg
「あさや 小槌金つば」

貸切風呂のオープンにあわせ、宝尽くしの関連商品として和菓子「小槌金つば」も新発売した。小槌型の金つばで国産大豆の上品な甘さの餡を包み込んだ皮に金粉をあしらった。外箱は女将がデザインを考えた紅・白と黒・金のパッケージ2種類を用意。価格各680円(税込)。

※問い合わせ=あさや ☎0288(77)1111、 http://www.asaya-hotel.co.jp/
 

NEXCO東日本 北関東道が全線開通 3県直結に期待

2011年1月14日

kitakan.jpg

東日本高速道路(NEXCO東日本)が建設を進めている北関東自動車道(北関)が、3月19日の午後3時に全線開通する。群馬県・太田桐生インターチェンジ(IC)から栃木県・佐野田沼ICまでの18・6㌔が開通することで、群馬県高崎市から茨城県ひたちなか市までの約150㌔がつながる。

また、同日は今回開通する区間に足利IC(栃木県足利市菅田町)と、出流原パーキングエリア(同県佐野市出流原町)が新たに完成する。

北関が全線開通することにより、北関東3県の移動時間は大幅に短縮され、群馬堅調と茨城県庁の移動時間は一般道を利用した場合に比べ、約2時間30分短縮されるという。さらに、3県が直結することで物流の効率化や地域経済の発展、観光客の増加なども期待されている。
 

鬼怒川温泉 あさや 貸切風呂を12月30日グランドオープン!

2010年12月11日

asy-b2-101013.jpg

栃木県鬼怒川温泉の「あさや」(木藤一男社長)は、今年12月30日の大安吉日に待望の貸切風呂をオープンする予定。

貸切風呂の名称は「福満宝尽くし 吉祥 『打ち出の小槌の湯』 」と名づけ「不景気な時代、あさやで福を授かってお帰りいただく。振れば願いが叶う 『打ち出の小槌』 をテーマにした温泉施設としました」と同館。

浴室数は浴槽タイプが異なる全4室。それぞれ「宝珠(ほうじゅ)」「宝鍵(ほうやく)」「丁子(ちょうじ)」「隠笠(かくれがさ)」と名前をつけた。4つある各浴槽の湯口には「打ち出の小槌」が置かれる予定。利用料金は50分4千円で、日帰り客も利用可能(但し別途日帰り入浴料金が必要)。

同館は1888(明治21)年創業、鬼怒川温泉屈指の伝統と設備を誇る老舗旅館。12階までの壮大な吹き抜けが印象的な「秀峰館」と古きよき日本の温泉宿を再現した「八番館」がある。

鬼怒川温泉でもっとも高い場所に位置する空中庭園露天風呂からは、季節ごと時間ごとに移り変わる鬼怒川渓谷の絶景が堪能できる。湯量豊富な自家源泉「子宝の湯」は大浴場やすべての客室の風呂でも楽しめる。

※問い合わせ=あさや ☎0288(77)1111、http://www.asaya-hotel.co.jp/


asy-b1-101013.jpg
 

東京駅改札内にエキナカ施設「グランスタ ダイニング」12月4日開業

2010年12月 3日

Cut2010_1203_1944_48.jpg

JR東日本グループの鉄道会館は「TOKYO STATION CITY」構想の一環として、地下1階の「グランスタ」に引き続き、東京駅改札内1階「ノースコート」に蕎麦・中華・イタリアンなどの名店とコラボレーションしたレストランを中心に、弁当・スイーツ・ドリンクバー・セレクトショップ、販売企画スペースなど16のショップで構成される、約990平方㍍のエキナカ・レストラン施設「グランスタ ダイニング」を東北新幹線新青森開業に合わせて12月4日にグランドオープンする。

グランスタ ダイニングでは、日本の食文化を継承し、発展させる場所を「日本の台所」と捉え、日本の伝統的な食、海外の食文化がアレンジされ日本に定着した食、今まさに進化・発展しつつある食など、日本の食文化の時の流れを「こだわりの食」を通して表現する。

全16ショップのうち、12ショップが新業態やエキナカ初出店。寿司や蕎麦、パスタやチャーハンなどの日本の食文化に欠かすことのできない料理を一流店・人気店の高いクオリティで提供する。東京駅限定の朝食メニューやレストランの人気メニューのテイクアウトなど、東京駅を利用する客の様々な利用シーンに合わせた、こだわりの食を提案する。

食事ゾーンは「レストランゾーン(朝7時からオープン)」と「イートインゾーン(朝6時30分から)」で早朝から開店する。「築地寿司清」では、ご飯の上に築地直送の新鮮な魚介を載せ、出し汁をかけて食べる東京駅限定の朝食メニュー、「ニッポンの駅弁」では味噌汁とセットにした小さめの駅弁を販売するなど、朝限定メニューを充実させた。
 

富士山温泉 鐘山苑10階屋上に 「露天風呂 富士山」 誕生!

2010年11月22日

fujisanonsen.jpg

山梨県富士吉田市にある感動と庭園の宿「富士山温泉 鐘山苑」は、広大な富士山を裾野まで見渡せる絶景の屋上展望風呂「露天風呂富士山」を、細流亭3号館10階屋上部分に11月1日、グランドオープンした。

3dan.jpg

露天風呂富士山はまるで霊峰富士山を独り占めしたかのような、今までにない絶景眺望の屋上展望風呂でさえぎるもののない、この上ない贅沢を堪能できる。3段に連なった段差式の湯船は水深90㌢の深湯を採用。寒さ対策も兼ねており、立ち膝で富士山を望みながら入浴できる。前方に入浴客が居ても湯船の段差で眺望の邪魔にならない仕掛けが施してある。最上段は富士山を眺めながら横になって、心身ともにリラックスできる寝湯を用意した。もちろん湯はpH9.8を誇る高アルカリ性の泉質で、富士山の恵みあふれる悠久の温泉が楽しめる。

entrance.jpg

施設は男女入れ替え制で、宿泊客のみが利用できる専用露天風呂。午後2時30分から6時30分(午後7時クローズ)は女湯、翌朝午前5時(冬期は6時)から10時30分(午前11時クローズ)まで男湯になる。危険防止のため、夜間は入浴できない。雨天や強風時など悪天候の場合も状況を見て閉鎖することがある。冬場の寒さ対策として湯浴み着も用意した。屋上設備のため、内風呂や洗い場がないため、同館では「館内の大浴場に一度入浴されてから屋上露天風呂を利用される」ことを推奨している。

一度に約40人まで入浴可能で、人数が超えてしまった時は入場を制限する場合もある。そのため館内1、2階のエレベーター前や内部にモニター画面を設置し、露天風呂富士山の入浴客数状況などをリアルタイムで情報発信するシステムも新たに構築した。

宿泊営業部の宮本晃副支配人は、「露天風呂富士山を初めて利用されたお客様のほとんどが『声が出ないくらいに素晴らしかった』『富士山をこんなにも間近で眺めながら入浴できるとは思わなかった。本当に良かった』と感動を伝えてくれます。晴れていれば女性の方は夕食前の日没時、男性の方は日の出の時間帯が最高です。今までにない富士山の大きさを体感しに、ぜひ富士山温泉鐘山苑へお越しください」とアピールした。

今回の露天風呂富士山誕生を機に、源泉名を「富士山温泉 鐘山苑」と名称変更した。今後より一層、美しい富士山にこだわった宿づくりを目指していく考えだという。

  ◇ ◇ ◇

kaneyamaennokoyo.jpg

鐘山苑は霊峰富士山の眺望と四季折々の広大な日本庭園が自慢の温泉旅館。2万5千坪にも及ぶ広大な敷地には、手入れが行き届いた日本庭園が広がり、その間には一級河川の「桂川」も流れている。桜や紅葉から野の花まで移ろう季節が織りなす風景に、美しく時として荒々しくその姿を現す富士山はまさに絶景の一言。毎年11月上旬から下旬にかけては紅葉が見頃で、庭園内をゆったりと散策する観光客の数もピークを迎える。

※問い合わせ=富士山温泉 鐘山苑 ☎0555-22-3168
http://www.kaneyamaen.com/
 

「里美の古民家」レストラン期間限定オープン

2010年10月 5日

satomi.jpg

今秋、県北地域の食材と古民家を活用した実験レストラン「里美の古民家」が、茨城県・常陸太田市(旧里美村)に期間限定でオープンする。営業期間は9月25日から11月20日まで。

常陸太田市北部はその名の通り、美しい日本の「里」の風景。今回の地域振興プロジェクトでは、築150年以上の屋敷「荒蒔邸」が古民家レストランとして再利用された。日立市出身で米ニューヨークの高級ホテルで料理長を務めた杉江礼行氏をシェフに招き、地元食材を活用したフレンチコースを提供する。

メニューは常陸牛や奥久慈しゃも、岩魚など県北地域の特産品をふんだんに活用。価格はランチが1500円から、ディナーが3千円からとリーズナブルに設定した。座席数は44で、事前予約が必要。

営業時間は午前11時から午後2時30分、午後4時30分から8時(ラストオーダー午後7時30分)。毎週火曜定休。

※予約・問い合わせ=☎0294(82)3535
 

鬼怒川温泉・あさや 貸切温泉風呂、12月中にオープン予定

2010年10月 1日

asaya_yuya.jpg

栃木県・鬼怒川温泉の「あさや」は、1888(明治21)年創業、鬼怒川温泉屈指の伝統と設備を誇る。12階までの壮大な吹き抜けが印象的な「秀峰館」と古きよき日本の温泉宿を再現した「八番館」がある。

鬼怒川温泉でもっとも高い場所に位置する空中庭園露天風呂からは、季節ごと時間ごとに移り変わる鬼怒川渓谷の絶景を堪能できる。湯量豊富な自家源泉「子宝の湯」は大浴場やすべての客室の風呂でも楽しめる。

今年12月中にオープン予定なのが、昔話の『打ち出の小槌』をキーワードに「宝づくし」をイメージした貸切温泉風呂で、今夏より着工開始している。同館によると「あさやを訪れたお客様が、その小槌でたくさんの幸せを受けられるようにとの願いを込めて」がコンセプトという。

貸切温泉風呂は計4室で、鬼怒川の渓流沿いの旧渓風館跡地に新設される。名称未定、利用料金等は現在検討中。

※問い合わせ=☎0288(77)1111
 

トータルヒーリングサロン 「おつかれさん」 東京・飯田橋にオープン!

2010年9月11日

gr-big14.jpg

東京・飯田橋に、心と体のトータルヒーリングサロン「おつかれさん」が8月20日オープンした。JR飯田橋駅西口から徒歩2分。足つぼマッサージからアロマトリートメント、レイキヒーリング、パワーストーン相談や風水鑑定などが体験できる。火曜定休。

gr-big15.jpg

店内ではクリスタル(水晶)、アメジストによるオリジナルのストーンサークル内で珍しいヒーリングルーム体験ができる。ダイナミックなパワーストーンの空間で全身の気の流れの改善、石の浄化などパワーチャージの場が提供される。15分間2000円より。

※問い合わせ=東京都千代田区富士見2-2-7 ストーンワンビル ☎03-5215-0203
http://www.otukaresan.com/
 

静岡県伊豆市・土肥金山「黄金の鳥居」誕生!

2010年9月 2日

06_GOLDEN TORII.jpg

静岡県伊豆市の、金運パワースポットとして人気のある土肥金山。7月24日に観光坑道内にある山神社の鳥居が、純金箔塗り「黄金の鳥居」として生まれ変わった。時価20万円の金箔を使い、3人の職人が4日間かけて完成させた。山神社は金山の神「大山祗神(おおやまづみのみこと)」を祀り、鳥居の前に立つと金運に恵まれるといわれている。金箔塗りによって、さらに御利益は増しそうだ。

土肥金山は徳川幕府直轄の金山として繁栄し、伊豆、土肥の地にゴールドラッシュをもたらした。全長100㌔以上ある坑道のうち約350㍍が観光坑道になっている。坑道内の気温は年間を通して19度前後に保たれ、まさに天然のクーラー。猛暑の夏、涼むにも最適の場所だ。

また、土肥金山資料館「黄金館」は、時価約9億円の世界一の大金塊を常設展示している。実際に触ることもでき、これまでに200万人以上の入場者が訪れているという。砂金採り体験は、30分間採り放題。室内で温泉を利用しているため、雨や冬の日でも楽しめる。

入場料は大人が840円、子供が420円。砂金採り体験料は大人が600円、子供が500円。
 

ホテル鐘山苑 10月に「屋上露天風呂 富士山」をオープン!

2010年8月21日

kaneyamaen_fujisan.jpg

山梨県富士吉田市の庭園と感動の宿「ホテル鐘山苑」は、富士山を裾野から眺めながら温泉に入れる屋上露天風呂「富士山」を10月中旬にグランドオープンする。今回の屋上露天風呂新設に併せて、温泉名をこれまでの「富士五湖・鐘山温泉」から「富士山温泉鐘山苑」に変更した。

鐘山苑は富士山の眺望と四季折々の広大な日本庭園が自慢の宿。とくに朝夕の富士山は美しく一見の価値がある。既存の大浴場と露天風呂からも富士山の眺望が楽しめるが、グランドオープンする露天風呂「富士山」は細流亭の屋上に新設され、天空から雄大な富士を見晴らせるのが自慢。

まるで富士山を独り占めしたかのような「富士山温泉鐘山苑」にふさわしい屋上露天風呂で、浴槽部分は3段階仕様になる。前方に入浴客が居ても段差で眺望の邪魔にならない仕掛けだ。寒さ対策としては立ち膝で富士山を望みながら入浴できる深湯(深さ90㌢)を設置。最上段は寝湯で、横になった状態でゆったりと富士山を満喫できる。

男女入れ替え制で一度に約40人まで入浴可能。宿泊客のみが利用できる専用露天風呂。午後2時30分から6時30分までは女湯、翌朝の午前5時から10時30分までが男湯になる。夜間は危険防止のため利用できない。雨天や強風など悪天候の場合も状況をみて閉鎖する。屋上設備なので内風呂や洗い場がないため、大浴場に一度入ってから屋上露天風呂を利用するのが良いとか。

同館の桑原良訓専務は「富士山目的のお客様にはたまらないロケーションだと思う。富士山の眺望を楽しみながら天然温泉に浸かることができる絶景の露天風呂です」とPRする。

※問い合わせ=ホテル鐘山苑 ☎0555(22)3168
 

鬼怒川に温泉テーマパーク 「ガーデンスパ三日月」 誕生

2010年8月 3日

IMG_3139.jpg
大山を中心とした1周100メートルの巨大なスパ施設

千葉県を本拠地とするホテル三日月グループは栃木県日光市の鬼怒川温泉で昨年7月から鬼怒川ホテルニュー岡部の経営を引き継ぎ「きぬ川ホテル三日月」として運営を開始した。この1年間で全客室と大浴場、バイキング会場などの改装を進めてきたが、この7月15日に待望の宿泊客以外でも利用可能な日帰り温浴施設「ガーデンスパ三日月」をグランドオープンした。夏休み前に完成したスパ施設は鬼怒川温泉の新たな集客の起爆剤として周囲の期待も大きい。

IMG_3145.jpg
人気のウォータースライダー

夏休みシーズン直前の7月15日に開業した「ガーデンスパ三日月」は、三段の大滝の上を走る名物ウォータースライダーをはじめ、大山を中心とした1周100メートルの巨大スパなどいろいろなプールが楽しめる。健康増進の5つのサウナ(高温・中温・岩塩・ヒーリング・ハマム)、個室エステ、バリの楽園ミンピなど多彩なスパで、子供から大人まで1日中遊べる温泉テーマパークが誕生した。一度に収容できる人数は1千人規模だという。北関東最大級の温浴施設で、本格化する夏の観光シーズンに向けた誘客の目玉として位置づけている。総工費は約15億円。

IMG_3150.jpg
夏季限定の屋上プール

スパ棟は地上3階、地下1階の規模。地下1階から地上2階部分が駐車スペースで180台収容可能。3階にスパ、屋上には夏季限定の屋外プール(長さ25メートル)を設けた。敷地面積は約1万5700平方メートル、延べ床面積は約4万6千平方メートル。

宿泊客以外の日帰り利用料金は、平日で大人(中学生以上)が1500円(土・日・祝日やシーズン特定日などは2千円)、子ども(4歳以上)1千円(同1500円)。利用時間は午前10時から午後10時(屋上プールは午後6時)まで。ホテル内の大浴場施設も午後4時までは別料金なしで利用できる。鬼怒川温泉内で唯一の温泉テーマパークとして、33種類のスパと風呂の両方を楽しめるようにした。午後6時以降は夜間割引のスパトワイライト料金(大人1千円、子ども500円)も設定した。

ホテルの宿泊客は宿泊当日と翌日、1人300円でスパを利用することも可能(ただし夏休みシーズンの7月17日から8月29日に宿泊した場合、翌日の利用料金は800円)。駐車場は3時間まで無料、その後は30分ごとに100円を徴収する。

odaka.jpg
「地域に役立つホテルにしたい」と小髙会長

7月15日には地元関係者、取引先など約560人を招いてガーデンスパ完成記念の竣工披露パーティーが、同ホテル「天空の間」で開かれた。

式典の冒頭でホテル三日月グループの小髙芳男会長は「これまで千葉県で営業展開してきたホテル三日月グループであるが、昨年7月から鬼怒川温泉にお世話になっている。1年間をかけてようやくここまで来た。夏休みに間に合うようギリギリのスケジュールで新設した日帰りのガーデンスパが、必ずや地域の活性化と夏の誘客に役立つものと信じている。とくに鬼怒川温泉駅前の商店街には喜ばれるはず。これからも地域に少しでも役立つホテルにしていきたい」とあいさつした。

来賓を代表して斎藤文夫日光市長は「鬼怒川・川治温泉の地域再生事業で、行政はこれまで約32億円を投じて、鬼怒川温泉駅前の整備事業など地域活性化の基盤づくりを進めてきたが、まちづくりに終わりはない。これからは他の観光地にはない独自性をさらに磨き、新たな日光ブランドを作って多くの観光客を呼び込みたい。鬼怒川温泉にこれまでなかった子どもから大人まで楽しめる温泉テーマパークが完成したことで新たな魅力が加わった。市長としても感謝したい」と祝辞を述べた。
 

河口湖ハーブ館でオリジナル・スイーツを販売開始!

2010年7月14日

P1060645.jpg

山梨県の河口湖ハーブ館では、館内の喫茶コーナーを改装し、新たに「カステラ工房」を新設。リニューアルオープンに合わせて、同館オリジナルのスイーツ3種類「富士山麓高級かすてら」「河口湖手造りかすてら」「河口湖手作りかすてらすく」を7月24日から販売開始する。

新商品は、地元富士山麓で採れた新鮮玉子を使った昔ながらの手作りカステラで、買い求めやすいハーフサイズで販売する。富士山麓高級かすてらは税込価格840円、河口湖手造りかすてらは630円、河口湖手作りかすてらすくは1個350円(約45㌘入り)、2個セット箱入りで750円。

P1060582.jpg

カステラ工房は物販のみでイートインは行わない。営業時間は午前9時から午後6時まで(冬期は午後5時30分まで)、年中無休。

※問い合わせ=河口湖ハーブ館 ☎0555(72)3082。
 

鬼怒川グランドホテル夢の季 男性用大浴場を改装

2010年4月30日

06kinugra.jpg
新設された露天風呂

栃木県鬼怒川温泉の「鬼怒川グランドホテル夢の季」は3月4日、露天風呂を新たに増やすなど男性用大浴場をリニューアルオープンした。

従来あったサウナを開放感あふれる「ミストサウナ」に改装して、ジェットバス「寝湯」を新たに設置した。露天風呂は新規に「深湯(立湯)」を造り、既存の露天風呂と合わせて2つになった。

07kinugra.jpg
ジェットバス「寝湯」

これまで人気のシルクバスなどがある充実した女性大浴場に比べると、風呂の数が少ない男性大浴場は同館の弱点だったが、今回のリニューアルによりバリエーションが増え、湯浴みの単調さも克服された。

なお4月下旬には、バリアフリー用エレベーターの設置も予定されている。
 

静岡県河津町 河津桜観光交流館が開館

2010年3月 4日

kawazusakura.jpg
観光拠点として期待が大きい

静岡県河津町の観光施設「河津桜観光交流館」が2月1日、オープンした。2月6日から始まっている第20回「河津桜まつり」の駐車場などもある。河津駅からは徒歩8分の立地。観光情報の拠点として今後が期待されている。

同館は木造2階建ての施設で、1階が地場産の野菜や果物、花のほかに菓子などの販売コーナーになっている。2階には展示室や軽食コーナーが設けられた。河津雛の会による「つるし雛」の展示会を3月10日まで開いている。

河津桜まつりの期間は3月10日まで。かわづカーネーション見本園は5月9日まで。入園料は300円で、桜まつり期間中は無休で営業している。

※問い合わせ=河津町観光協会 ☎0558-32-0290
 

群馬県・水上館 「団体旅行専門サイト」作る 初年度3000人見込む

2010年2月22日

minakamikan_dantaisite.jpg

群馬県水上温泉の「花のこころ和のこころ水上館」(木村嘉男社長)は、団体客向けの団体旅行専門サイト(http://www.dantai-ryokan.com)を立ち上げた。

旅行の個人化が進んでいるなかでも団体旅行需要は決して小さくないことに着目。社員旅行や慰安旅行、インセンティブツアーをはじめ、忘新年会、卒業旅行、記念旅行、創業記念日などを掲載し、顧客のニーズに応える。プラン例はコンパニオン&芸妓プラン、慶事・法事プラン、省エネ視察プラン、学生スポーツ・ゼミ合宿プラン、小中高職員旅行プラン、同期会プランなど。

オプションで飲み放題、2次会利用、記念写真、花束・ブリザードフラワー、お菓子の舟盛、記念日新聞、研修講師派遣などにも対応する。

以前から公式サイトのなかに、団体客向けコンテンツを設けていたが「継続的に問合せが入るようになり、旅行会社の手配以外にも団体客があるのに気が付いたのがきっかけ」という。従来の単なる「飲み放題プラン」だけでなく、多種多様な商品を開発。個人客向け商品同様、団体客(幹事)に選んでもらえる商品づくりを心がけ、旅行会社経由と併せて強化する。初年度の集客目標は3千人の見込み。
 

伊豆・稲取温泉 浅草にアンテナショップを開業

2010年1月25日

R0013834.jpg
インバウンド向けの情報発信で誘客を狙う

静岡県東伊豆町稲取温泉の稲取温泉観光合同会社は、12月10日に東京・浅草にアンテナショップ「THIS 伊豆 稲取や」を開業した。海外からの観光客が多い場所に進出することで、インバウンド向けの情報発信を行う。店舗は浅草寺二天門や浅草駅からも近い。稲取の外国人観光客数は年間約8千人。

都心のアンテナショップは都道府県などの行政が多いが、温泉地の一企業として進出するのは全国的にも珍しいという。1階は物販を主力とし、雛のつるし飾りグッズ、かんてんなどの海産物加工品、ニューサマーオレンジなど稲取の地場産品や静岡県、伊豆の名産品を販売。2階には外国人客を中心とした60席のレストランを併設。稲取名物のキンメダイ定食(1680円)、肉チャーハン(840円)などのメニューを用意している。

渡邊法子稲取温泉観光協会事務局長は、「主に東アジアからのお客に向けて情報発信していく。市場のニーズに応えた事業展開をしたい。浅草は日本人も多いので立ち寄ってもらうのは大歓迎、国内のお客様にも宣伝になる」と話す。

※問い合わせ=THIS 伊豆 稲取や ☎03(5830)3350
住   所:東京都台東区花川戸1-13-13(江戸通り沿い、東参道交差点近く)
営業時間:10:00~17:00(年中無休・ツアー等の団体対応による営業時間延長有り)
 

栃木県・真岡市 道の駅に「いちご情報館」オープン

2010年1月12日

20091225いちご情報館.jpg

栃木県真岡市に12月25日、県内のイチゴの情報発信拠点となる「いちご情報館」がオープンした。「道の駅にのみや」内のいちごふれあい館に別棟として「いちご展示温室」を新設し、いちご情報館とした。栃木県のいちごの生産量は日本一を誇る。

いちご展示温室は延べ床面積が48平方㍍。栃木件に関わりの深い7品種(とちおとめ、とちひめ、とちひとみ、女峰、麗紅、宝交早生、ダナー)を栽培して、来場者にイチゴの品種の違いや香りなどを楽しんでもらう。

いちごふれあい館はイチゴの歴史や生産関連情報を3D画像やパネルなどで展示し、県内の主な産地や観光いちご園、加工品などを紹介している。また、タッチパネル式のいちご検定クイズもある。

県内では5月末までイチゴ狩りが楽しめる。
 

京都・嵐山に高級旅館開業 泊食分離の「星のや 京都」

2010年1月 7日

img_yl_1.jpg

星野リゾートは12月12日、京都・嵐山に高級旅館「星のや 京都」をオープンした。

宿泊と食事を分けた泊食分離で、館内で夕食をとる場合は、和洋のアラカルトから自由に選ぶ。外での食事希望者には「京都吉兆嵐山店」に船で送迎するなど、周辺の料亭・飲食店を紹介する。

客室数は25室で、音楽や映画を楽しめる書斎などを備えた2‐3人の部屋(約120平方㍍)や涼み台を設えた眺望の良い2‐4人利用の和室、ツイン(約35平方㍍)などがある。客室の通常料金は、2人以上で泊まる部屋の場合が6万9千円からの設定。1人用の客室も用意した。料金は5万5千円から。

付帯施設としてダイニングやライブラリーラウンジ、2つの庭園などがある。

同館は明治期創業の老舗旅館「嵐山温泉 嵐峡館」の本館を改装した。渡月橋の上流の保津川の右岸にある。31室あった客室を減らして1室当たりの面積を広げた。

img_m_1.jpg
水の音 ダブルベッド、ライティングデスク、窓辺のベンチソファなど、嵐山の景観を独り占めできるお一人様のために誂えた部屋(定員1名用)

http://kyoto.hoshinoya.com/
 

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Powered by
Movable Type 5.04