« 男社会切り、女性にエール 下村氏が講演(第2回温泉塾) | ページトップへ戻る | 第26回女将サミット、7月14日、ホテル日航金沢で »

今年も手づくり、カレンダー完成(山陽ホテル)

2014年12月18日


 
20141218_sanyohotel.jpg

 群馬県伊香保温泉・山陽ホテルの小林順子女将がライフワークとして続けている「手づくりカレンダー」が今年も完成した。来年の干支・ひつじの絵と短い言葉を月ごとに毛筆で綴っている。

 「お客様にほっとしていただけるものがあれば」(小林女将)と続けて12年。すべての干支を書き上げた。固定ファンもいて、年末になると問い合わせも寄せられるとか。

 「人生そのままで負けないで くよくよしなくていいんだよ」(4月)など、絵に添える言葉は日々の生活のなかで、心に感じたままを表した詩だ。

 大きさはB5サイズで、300部作成した。おかみ工房「ちくちくや」で、1部1100円(税込)で販売している。

2014年12月11・21日(合併号)発刊
旬刊旅行新聞1571号より(URL:http://www.ryoko-net.co.jp/